蓼科塾について

蓼科塾について

蓼科を楽しむ目的で2011年に発足した蓼科塾は2015年に一般社団法人化しました。

法人化してからは「食」「住」「遊」三つテーマで、蓼科の魅力および長野県とその近隣の魅力を広く情報発信する取り組みを行ってきました。
また、生産者から購入者まで、安心と安全をキーワードにつなげてゆくお手伝いをすることもミッションの一つとしています。

特に「食」については、蓼科山に住むという「休む」神様「ビジンサマ」にちなみ、「休む」ためにふさわしい安心安全を基本とし地産地消に根ざしたオリジナルの「ビジンサマレシピ」と商品開発、食育にも関わりながら、力を入れて取り組んでいます。

また自然栽培や化学肥料を使わない無農薬栽培に取り組む農家の方々、また自然素材の使用や無添加にこだわり、ものづくりに関わる方々を応援しサスティナブルな社会に向けて共に歩んでゆきたいと考えています。

私たちの考える「食」とは「命をつなぐもの」であり、それは命を育む環境までをも含んでいます。

命を育む環境作りに関わる、それはとてつもなく大きなミッションであり
その中で私達が出来ることはとても小さなことかもしれません。

それでも、
この先の未来に向かって
豊かで平和な、そして笑顔が絶えない社会を作る取り組みを一つ一つ積み重ねて事業に繋げて行きたいと考えています。

一般社団法人蓼科塾
代表 中村恭子