「TINY GARDEN TATESHINA」が蓼科湖畔にオープン!

蓼科に魅力を感じるところとは?
という問いに多くの人が答える「美味しい空気と美味しいお水」。

蓼科湖に到着して車を降りた瞬間、思わず深呼吸して美味しい空気を胸いっぱいに吸い込んだ。それだけで体中の細胞が喜んでいるような感覚。

遠くそびえる八ヶ岳連邦、目の前には蓼科山を望み、湖面には白樺の木々が映り込んでキラキラと輝いている。まさに五感で癒される場所。
そんな蓼科湖畔に「TINY GARDEN TATESHINA」がオープンした。

キャンプ・ロッジ・キャビンの3タイプの宿泊施設と地元食材を活かしたメニューを提供するカフェ、しかもお風呂は蓼科温泉とは魅力的。
カフェは日帰り客も利用できるので気軽に立ち寄ってコーヒーを頂けるのも嬉しい。



手掛けたのはデイリーウェアからドレス、ライフスタイル雑貨まで幅広いセレクトで人気のあるファッションブランドURBAN RESEARCH。

湖畔をテーマにしたオリジナルブランド【EKAL】を販売するショップも併設してるからちょっと肌寒くて上着が欲しいと思ったらおしゃれなアウターも調達できてしまう。

彼女が長湯で温泉からなかなか出て来ない間にちょっとお買い物♪とか、旦那さんが起きてくるまで鳥のさえずりを聞きながらカフェでのんびり読書♪とか、そんなストレスフリーな妄想がいくらでもできてしまう。

ところでカフェのコーヒーが美味しい。普段ミルクを入れないと飲めない私もブラックでいける美味しさ。(と良いつつミルクもらいましたが、新鮮な牛乳で嬉しい)それもそのはず、カフェをプロデュースしたのは、都内で展開しているコーヒーロースター【Coffee Wright】の運営や【ダンディライオンチョコレート】【ブルーボトルコーヒー】の日本展開に携わる株式会社WATなのです。

次回はカフェごはんもたっぷり堪能したい。

またカフェスペースの一角に暖炉と薪があるのも癒しポイント。冬は火を見ながら赤と緑のチェックのブランケットにくるまってホットコーヒーとチョコレート♡…なんてまた妄想が止まりません笑。

ひとときのリフレッシュや家族で自然を楽しみたい時はもちろん、ライフスタイルを考え直したいタイミングなんかにひとりで来るのもおすすめです。あなたの想像力を邪魔するものはなにもないどころか、ポジティブな変化への波動を高めてくれるはずです。(ayako)



TINY GARDEN TATESHINA
www.urban-research.co.jp/special/tinygarden
長野県茅野市北山8606-1
tel:0266-67-2234